まどぎわメモリー

ひとりカフェ・レトロな喫茶店がすきな新潟人、ぱりんこのブログです。

悪いことばかりに気持ちを支配されないで、いいこともあったと思い出したい。

11月12日、日曜日。

今日は素敵な出会いがありました。

マスタード色のシンプルなニットとの出会いです。

しかも、とてもお手頃価格で手に入れたのです。

どこでかってGUで。

 

 

あまり服は買わないようにしているのですが、気がついたらグレーの服ばかりになっていたので、気分を明るくするためにも明るい色の服を探していたのです。

ラブラ万代をブラブラしてたんです。

 

 

ところが!

「いい色だなぁ」と手に取ると、袖が振袖みたいに膨らんでいたり、刺繍がドバーンだったり、首元がオフショルダー?だったり、Vネックだったり…

腕まくりもできないし、首元は寒いし、ニットとしてどうなの?っていうものばかりで。

 

そんな中、ふらりと訪れたGU。

やっぱり流行ものっぽいのしかない…

と、半ば諦めて帰ろうとしたのですが、メンズコーナーをちらりと見ると素敵な色のセーターがありました。

黄色とオレンジの中間みたいな、マスタード色のクルーネックニット。

首もいい感じにつまっているし、なんか元気でそうな色だし、ウール混で1490円だったので購入しました。

 悲しかったこと。

るんるんな気持ちでGUを出て、本屋さんに行きました。

買おうと思っていた付録目当ての雑誌は売り切れていました。

ちょっと前にカバー力のあるファンデーションについて検索していたら、エクラというミセス向けの雑誌に、憧れのカバーマーク(値段的に買うのが難しい)のファンデーションのお試しが付録でついているとの情報を手に入れたのです。

これは買うしかない…!!

 と3軒はしごしたのですが、なかったです。

まぁそうですよね。発売日11月1日でしたし。

 

 

 

わたしはいつもこういうところがあります。

こういうところ、というのは出遅れ感というか惜しいというか。

この前も、ナチュラグラッセの下地が付録の雑誌の発売に気がついたの1週間後だったし。はぁ、悲しい。

 

 

さっきまではるんるんだったはずなのですが気持ちは一気に急下降。

午前中は理想のニットを手に入れたのに、そのことをすっかり忘れて、もっと早く気が付いていたら…!と悔しい気持ちと、売り切れたものへの執着がドバーッと溢れ出ました。

けれども、今ニットの存在をパッと思い出したので、備忘録のために本屋さんで立ち止まってこのブログを書いています。

 よいこともあったよ、思い出して。

最近の目標は、ダメだったことだけに気持ちを支配されないということです。

完璧な1日なんてないのに、つい嫌なことがあると、その日1日ダメだったみたいな気になる。

頑張ったことも、よかったことも、人から優しさをもらったこともあるのに、すっかり忘れてしまう。

 

 

仕事でも、自分にはうまくできなかったことを、他の人が上手にしているのを見るとひどく落ち込んで、イラついて、悲しくて涙が出そうででなくてもどかしくて。

不安になって胃が痛くなって…

そんな日々です。

 

 

ですが、

  • 相性の合う合わないはある。
  • みんなとうまくやろうとしない。
  • できていないことだけに気持ちを支配されない。
  • できていることもあることを思い出す。

  を唱えながら過ごしていきたいと思います。

そんなわけで、残念なこともあったけれど、今日はとてもいい日でした◎

最近食べたもの。 

f:id:pacachan:20171112175426j:image

 バリスタカフェのサラダボウル。憧れのサラダボウル。

単品で1000円近くするけど隣のマダムが食べててずっと憧れだった。

思い切って食べてやりました。

ベーコン厚くてパンカリカリでとってもおいしかったです。 

f:id:pacachan:20171112175437j:image

 おとぎや珈琲店のワッフル。クリームが甘過ぎずさっぱりで美味しかった。

ランチタイムをはずせばいい感じにレトロで落ち着いた空間ですが、土日の昼間に行くとざわざわがすごいです。

f:id:pacachan:20171112175447j:image

 サンマルクカフェのパフェ。

390円(税抜き)のわりには大きい。

下の方はほぼコーンフレークですが、落ち着いた空間でソフトクリーム食べられる場所は貴重なのでよし。

パフェの種類もたくさんあって◎。

(寒いのにソフトクリーム食べたくて震えながら食べました)