まどぎわメモリー

ひとりカフェ・レトロな喫茶店がすきな新潟人、ぱりんこのブログです。

【内野駅近く】喫茶琥珀(こはく)さんのケーキセット。

カポネさんでピザトーストを食べたあと、内野を散策していたら

見つけたお店が、こちらの琥珀(こはく)さん。

f:id:pacachan:20160627111206j:plain

やっているのかやっていないのかもわからない外観。

けれど、玄関に張り出されている6月の休業日にはのっていない。

 

 

 

 

外の窓から、中の様子をのぞこうとするけれど、全く見えない。

お店の周りから必死にのぞき込もうとする私は、

とても怪しい人物だったに違いありません。

まぁ、はっきり言って、初めてでは入りにくすぎるお店です。

けれど、なんだか運命を感じて扉を開けることにしました。

 

 

 

勇気をを出して入ってみたものの、誰もいません。

チクタクチクタク。

わたしはどこかに迷い込んでしまったのでしょうか。

それとも、タイムスリップをしたのでしょうか。

時計の音だけが響く、不思議な時間。

しばらくすると、「は~い」と言ってママさん?が出てきてくれて

現実に戻ってきました。

どうやら、誰もいないときは

カウンターに置いてあるベルを鳴らして呼ぶらしい。

自由です。素敵です。

 

 

家みたいに落ち着くお店

 

f:id:pacachan:20160627111117j:plain

 

 

さきほど、入りにくすぎると記述しましたが、

入ってみると意外と落ち着きます。

今日が曇りだからなのか、ほどよく薄暗い店内。

クラシックが流れている。

 

 

 

 

(もちろん)お客さんは私だけ。

窓際のソファー席に居場所を確保し、

メニューをみます。

  f:id:pacachan:20160627111129j:plain

 

 

f:id:pacachan:20160627111223j:plain  

 

 

いちごのケーキ

 

  f:id:pacachan:20160627111136j:plain

 

 

「きれいな三角のショートケーキが食べたい。」

と思っていたら、いちごのケーキセットの写真メニューが

目に飛び込んできた。

だから、何かを運命を感じたのか。

このお店がわたしを呼んでくれたということにしましょう。

飲み物は、ホットレモンティーで。

 

f:id:pacachan:20160627111216j:plain  

 

大きめな三角のケーキがきました。

素朴な味わいのケーキです。

おしゃれパティスリーでは、味わうことのできないケーキ。

伝わるでしょうか?

甘酸っぱくておいしい。

クリームもおいしいです。

なんだか、懐かしい味がします。

しばらくケーキを食べながら空気感を楽しんでいると

いつの間にかカウンターに座っているはずのママが、

おじさんになっていた。

ご夫婦かな。

レジでお会計を済ませて、お店を出る。

おじさんも穏やかで、とても感じのいい方だった。

 

 

 

特別おしゃれでもないし、ゴージャス感もない。

けれど、1980年代?ぽいこの独特の空気感、癖になりそう。

f:id:pacachan:20160627111154j:plain

  f:id:pacachan:20160627111147j:plain